.

予想外に不意に起こってしまうのが乗用車の事故です。そこでどんな風に行動した内容で、自動車保険料の受け取り額もかなり変わることも想定されますので正しい判断力と対処が不可欠です。想像も出来ない出来事にあって動揺してしまったとしたら重要な対処を見失ってしまい、それから自分がかなり大きな損を負わされる時も予測できるので交通事故に遭遇してしまった場合は正確に次に記述した判断をしましょう。車の事故を起こした場合に最初にするべきは怪我人の有無を確認する必要があります。乗用車の事故の後すぐは頭が混乱して呆然としてしまう場面がありなかなか対応できないのが一般的です。だから、怪我をした人がいた場合は危なくない地点へ移動してから手当てをして、119番通報するようにして要救助者最優先に努めることが重要です。119番に連絡する状況では正確な事故の場所を連絡して不確かな場面では辺りの目を引くスーパーや場所名を告げて事故現場の住所を特定できるようにします。その後で警察署に知らせて、車の事故を起こしてしまった事そして現状を話します。救急車と警察が来るのを待っている時間に相手の内容を調べます。名前、住所、TEL番免許証、ナンバープレート、事故相手の保険の会社名など自分だけでなく相手の内容を交換します。特に事故の相手方に不手際が存在する時には現場でやり取りしようとすることがありますがその場で結論を出すのではなく、どういう時にかかわらず警察や車の保険会社届け出てきちんとジャッジしてもらうようにしましょう。それぞれの連絡先を交換したら車の邪魔になることをやめるために妨げになる物道路の上から取り除きます。もしも障害になる物が他者の邪魔となっている時には相手と自分の情報交換をするより早くその作業を行うことは問題はないはずです。自分の加盟している自動車の保険会社に連絡を入れ、自動車事故が発生したことを報告します。特定の時間の内に自動車保険の会社に連絡を入れないと、保険の適用外となる状況も想定されますので気がついたら速やかに連絡することが重要です。出来たら現場の証拠として手持ちのカメラや携帯のカメラ等を使って事故現場や自動車の壊れた箇所の写真を残しておきます。その証拠写真は過失の割合決定する際にかなり大きな糸口とできますのであなたの愛車や先方の車の破損を的確に証拠として残しておくことが大切です。その場面で目撃者がいるのであれば警官や保険屋さんの人が着くまでその場所にそのままいて頂くように呼びかけることも重要です。