.

民事再生という手段はマンション等のローンがある多重債務の問題に困っている方のために、住居を維持しながら金銭管理の面でやり直すための法的な機関による手順として2000年11月に適用されるようになった選択肢です。民事再生は、破産みたいに免責不許可事由がないので、賭博などで借金を作った場合でもこの方法は問題ないですし破産申告により業務できなくなりかねないポストで給与を得ているような方でも制度の利用が検討できます。破産手続きの場合はマイホームを残すことは考えられませんしその他の債務処理ではやはり元金は払っていかなくてはなりませんので住宅ローンも払いつつ支払うのは難しくなるでしょう。ただ、民事再生による処理を選択できれば、住宅ローン等を除いた負債は十分な額を圧縮することもできますので、余裕を持ちつつ住宅のローンを払いつつ他の負債を支払い続けることも可能というわけです。とはいえ、民事再生という選択は任意整理による手続きまたは特定調停と違って一定の借り入れだけを除外扱いして手続きすることは許されませんし、破産申告においてのように負債それそのもの消えてしまうわけではありません。くわえて、これ以外の処理と比較して手続きの方法が簡単には進まず期間もかかりますので、住宅のローンを組んでおり住んでいるマンションを手放せない場合など以外において破産のようなそれ以外の解決策がない際における最終的な手続きと考えた方がいいでしょう。